地域企業の永遠の発展を目指して

加藤会計事務所についてAbout us

加藤会計事務所は、地域に深く根付き、地域の経営者の相談相手として、
共に歩み続ける会計事務所です。私たちは、会計を通じて、地域企業の永遠の発展と、
地域に住む方々の幸せに貢献することを目指しております。

サービスService

規模の大小、個人・法人の区別なく、なんでも相談にのることのできる会計事務所をめざしております。

  • 記帳代行
  • 決算書作成
  • 税務申告
  • 相続税申告
  • 事業承継支援
  • 会計監査
サービスのイメージ

ご相談の流れFlow

ご連絡、訪問・説明、ご提案、ご契約、サービス提供

加藤会計だよりNews

2023年3月1日

庭にある、梅の赤い花が咲き始めました。

人工知能

ChatGPTという、人工知能が話題になっております。OpenAIという米国の会社が開発した人工知能で、会話形式で人間とやりとりができることが特徴です。パソコンに質問を打ち込むと、ラインのような会話形式で答えが返ってきます。答えの根拠となった参照元のリンクも一緒に返ってくるので、一応回答の根拠も知ることができます。

私も実際に使ってみましたが、税務に関する質問に対しても、それなりの回答をしてくれました。それなりの精度の文章を作成するため、学生が論文の試験に悪用するなど、教育現場で問題になっているようです。

「ググる」という言葉があるように、何かを調べるときにはグーグルで検索することが一般的になっておりますが、これからは人工知能搭載のチャットで調べる時代になるのかもしれません。

もともとは、途中で切れてしまっている文書の次の単語を予測する人工知能でしたが、インターネットにある大量の情報を学習させ、改良を重ねた結果、まるで人間がつくったような文章を生成するようになったそうです。

ただし、注意しなければいけないのは、私たちの質問をちゃんと「理解」して回答しているのではなく、インターネットにあふれる情報を上手に組み合わせて、「それらしい」文章を生成している、ということです。ですので、それらしいというだけで、見当違いの回答をすることもしばしばあるようです。

しかし、よく考えてみると私たち人間も、積み上げてきた経験を組み合わせてものごとを考えているだけのような気もします。ひょっとしたら人間様も人工知能と大差ないのかもしれません。

トップへ戻る